メンズ スーツ オーダー スーツ オーダーメード テーラーメイド(メード) コムサ スーツ フォーマル スーツ ファッション 通販 雑誌 ブランド 髪型 メンズ ヘア スタイル メンズ ビギ などの紹介  
オーダーメードスーツのタスカ(TASCA)
人400  400

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男の服装 お洒落の基本男の服装 お洒落の基本
落合 正勝
世界文化社 刊
発売日 2001-04
オススメ度:★★★


女性について言うときには「おしゃれ」と書き、男性について言うときには「お洒落」と書くことが多いのではないだろうか。柔らかな視覚的印象を持つ「おしゃれ」がほのめかすのは華やかな色彩やふんわりとしたドレスであり、ややレトロな「お洒落」という文字面からは仕立てのいいスーツのきりっとしたシルエットが連想される。「お洒落」という文字の入ったタイトルを持つ本書は、そのイメージを裏切ることなく、男のクラシックな服装への思いを語ってやまない。
「男のお洒落」は俳句にたとえると有季定型のようなものであり、シバリがきつい。それについて語ろうとしても、けっきょくは「いいものをルールにのっとって着ましょう」ということに集約されてしまうので、ファッション評論家たちは昔のエピソードを探し出してきてウンチクを傾けることに腐心する。しかし、けっきょくイギリスの王室や貴族、アメリカの映画俳優の話題になってしまい、なかなか目新しい本が生まれない。そのなかで、著者はイタリアのハンドメイドの伝統を研究し、テーラーや靴職人などの綿密な仕事ぶりを詳しく紹介することで他の評論家の書くものにはない特色を出している。また、服を買う(あるいはオーダーする)ときに気をつけるべきこと、服と服、あるいは服と靴の組み合わせ方についても細かなところまで目を配っている。
「お洒落は学習である。スポーツを習うことにも似ている」と著者は書いている。本書はお洒落を日々学習する意欲のある人のための教科書だ。安直なブランドショッピングの手引き書ではない。お金もかけ、時間も割く覚悟がないとここに書いてあることを実践するのはなかなか難しいが、読むだけでも「男のお洒落」の奥深さを感じるには十分だ。(松本泰樹)

スーツを買うその前に一読をお薦めします! 2003-12-09
読後の率直な感想です。ファッション(=流行)本でもなく、冠婚葬祭のマナー本でもない、服装には歴史に裏付けられた厳格な意味があるということを丁寧に教えてくれる本です。ジャパンタイムズ社出身の著者だけあって、読んでいて心地よい文章で、時節柄雑学本としても楽しめると思います。日本人がスーツを購入する前に一読すべき本です。心からお薦めします。


さらに詳しい落合正勝 情報はコチラ≫




スポンサーサイト
クラシコ・イタリア礼讃クラシコ・イタリア礼讃
落合 正勝
世界文化社 刊
発売日 1997-06
オススメ度:★★★




ウンチクか?センスか? 2003-12-27
服を着るという行為は、ウンチクかセンスか、という問いにぶち当たる事がある、ひところ流行ったアルマーニを代表とするイタリアンスーツスタイル(ドレープスーツなど)、あれを日本人でカッコ良く着こなしていた人はいなかったであろう、肩幅がひろく腰つきが細いイタリア人独特の体型があって、初めて ”カッコ良く決まる”のである。イタリアは世界最大のファッション輸出国、この本に出てくるような服をを多くのイタリア人ビジネスマンが身に纏っているかと言うとそうでもない、実際にイタリア人はもっとセンスが良い、それは個性的であり想像性から醸し出されるものだろうと思う、日本人のように「誰かが言ったマニュアルや規則性」に縛られることがないからだ。また日本人は洋服がやっと日常着になってきたばかりで、まだTPOがよくわかってない、ドレスコードとなると無知そのものだ、結婚披露宴などでは、通称礼服、ディレクタースーツ、タキシード、モーニング、の混装などよく見られるが、スーツ・スタイルだけはクラシコ・イタリアでもこんな場面で「ボロ」がでる、こういう場面での「着こなし術」こそがウンチクだ。
それを勉強するにはこの本ではムリ、タイトル通り(そのもの)だから星3つ。


さらに詳しい落合正勝 情報はコチラ≫




男の服装術 カジュアル編―着こなしの基本からオフィスカジュアルまで男の服装術 カジュアル編―着こなしの基本からオフィスカジュアルまで
落合 正勝
PHP研究所 刊
発売日 2005-07
オススメ度:★★




カジュアルウェアに関する知識は身に付きますが。 2005-10-16
内容の半分は、著者の映画を通しての「カジュアルウェア論」です。
「カジュアル」の語源まで遡ってのお話しは、「薀蓄のネタ」としても役立ちます。
後半の「カジュアルウェアの実践編」とでも言うべき部分は、「オフィスにおけるカジュアルウェアはかくあるべき=クラシック・カジュアルこそオフィスに相応しい」というのが本旨です。
現実のオフィスを見てみますと、著者の提唱するクラシック・カジュアルは極めて少数派のように思えます。
「『服装は他人の為のものでもある』ことをもっと意識すべき」、という考え方を著者は普及させたいのだと思います。
昨今の日本人の服装を見るにつけ、この点については個人的には賛成です。
カジュアルウェアにおけるチャート、解説部分はもう少し、解りやすく整理された形式になっていると実際的に役立つと思います。


さらに詳しい落合正勝 情報はコチラ≫




英国流おしゃれ作法英国流おしゃれ作法
林 勝太郎
朝日新聞社 刊
発売日 2000-11
オススメ度:★★★★




英国紳士に浸りながらどうぞ 2004-05-27
おしゃれ好きな方が、お暇なときにリラックスして読むのに適しています。
メンズファッションについての本は、落合正勝など多くの本を読んでいますが、「これはこうなのだ!」的な論理を展開する堅苦しいものではなく、趣味の領域として軽く読めます。是非コーヒーでもすすりながら、「ふ~ん、なるほどね~」と、ジェントルマンに浸りながら読んでください。一緒に「イギリス紳士のユーモア」(講談社現代新書)なんかもお勧めです。


さらに詳しい林 勝太郎 情報はコチラ≫




凝る話―男の作法・男の蘊蓄44箇条凝る話―男の作法・男の蘊蓄44箇条
出石 尚三
講談社 刊
発売日 1992-06
オススメ度:★★★★




ポケットに自尊心を詰め込んで 2004-07-24
 本書はさまざまな服飾に関しての歴史やその意義について述べている。この本に書いてあるのは別に知らなくても服を着るには困らない。服を着るにはしかるべき穴にしかるべき身体の部分を通しボタンやチャックが閉められれば事足りる。しかしながら物事にこだわりがないのは楽なのかもしれないがこだわるからこそある楽しみというものもある。また、服装には本来着用規定のようなものがあり、これを守らないととんだ恥をかく。恥をかきたくない方は是非読まれたい。


さらに詳しい出石 尚三情報はコチラ≫




ロレックスの秘密ロレックスの秘密
出石 尚三
講談社 刊
発売日 2002-01
オススメ度:★★★


20世紀を代表するブランドとして世界にその名をとどろかせるロレックス。しかし一方で、生涯一度もジャーナリストのインタビューを受けなかったという創業者、いっさい公表されない売上高や生産量などの数字、現在も取材を受け付けない一貫したポリシーなど、その企業体はベールに包まれたままだという。著者は、そんなロレックスの人気と秘密に2つの観点から迫っている。
1つは創業者ハンス・ウイルスドルフの物語である。著者はここで、当時、盲点だった紳士用腕時計市場に集中した事業戦略、アメリカ展開時の広告会社の厳選、VIPと結びつけたイメージ戦略など、起業家としてのすぐれた手腕やブランド・ビジネスのエッセンスを描き出している。同時に「ROLEX」の商標やクラウンマークの由来など、気になる部分の解明も忘れていない。
もっとも公開情報の少なさからか、人物の伝記としてはまとまった量には至っていない。物語の空白は著者の推測で埋められてもいる。ロレックスを知ろうとする人にこうしてさまざまな推測をさせてしまうしかけこそが、ブランド戦略の核心だといえるのだろう。
もう1つは、オイスター、パーペチュアル、バブルバック、エクスプローラー、GMTマスター、デイトナなど、ロレックスの名作22機種の概要や誕生秘話、各種エピソードをまとめた、いわば「22の物語」である。1個の腕時計をめぐって浮び上がる20世紀前半からの時代風景も含めて、味わい深く読めるところだ。
ロレックスの愛好家や研究家はもちろん、そのビジネスに興味がある人にとっても待望の1冊である。(棚上 勉)

お勉強。 2003-10-25
340ページほどのハードカバーで巻末100ページが「ロレックス用語辞典」。前半はロレックス創業者ハンス・ウィルドルフの半生記、そして各モデルの成り立ち・歴史が詳述してあります。写真点数は少なく、「読ませる」本です。ロレックスはこのテの情報をほとんど公開してこなかったので、調査は大変だったろうと思われます。バイヤーズガイド的なものをお探しであれば「ロレックスの買い方」の方をオススメします。


さらに詳しい出石 尚三情報はコチラ≫




完本ブルー・ジーンズ完本ブルー・ジーンズ
出石 尚三
新潮社 刊
発売日 1999-12
オススメ度:★★★




ジーンズについて知りたいなら 2005-10-14
ジーンズについて知りたいならこの本を読めば最低限の知識は得られると思います。しかし、基本的なことが多いと思うので初心者向けといえるでしょう。ジーンズの起源的なことは勉強になりました。


さらに詳しい出石 尚三情報はコチラ≫




男のお洒落基本の服装術男のお洒落基本の服装術
出石 尚三
海竜社 刊
発売日 2004-12
オススメ度:★★★★




入門者向けの好著です 2005-06-07
 現代の男の服装のスタンダードについてわかりやすく解説している好著。
 ただし、わかりやすさに力を注ぐあまり、歴史的、文化的な深い考察は少々棚上げされている感がある。同じ価格帯の有名男性服飾評論家のO氏の本の方が高級志向が強く、本書は普通の男が普通に目立たぬ洒落者の道を踏み出すための本、という棲み分けが成立しているように見える。とはいえ、よく読むと大胆不敵というファッション哲学がちりばめられている点は新鮮で、ドキリとする驚きが味わえる。40歳代~50歳代の人にお勧めできる。


さらに詳しい出石 尚三情報はコチラ≫




紳士靴図鑑―ベスト50ブランド紳士靴図鑑―ベスト50ブランド
林 雅之 /竹川 圭
平凡社 刊
発売日 2003-04
オススメ度:★★★




入門書としての一冊 2005-03-01
ア・テストーニやヤンコが載っていないのは不満だが、入門書としての一冊。写真、エッセイ共に楽しめる。
靴好きであれば、靴辞典で自分の知識を確認するのも良し、購入しても損は無いと思います。


さらに詳しいメンズファッション 情報はコチラ≫




ブランド帝国の素顔―LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンブランド帝国の素顔―LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン
長沢 伸也
日本経済新聞社 刊
発売日 2002-10
オススメ度:★★★




大ブランド帝国をビジネスとして分析 2004-07-13
あまりブランドに詳しくない日本人でもLVMH傘下のブランドのふたつやみっつは知っていることと思います。もともとヨーロッパ・ブランドというのは個人の卓越したセンスや技能あるいは伝統が評価されたものだと理解しますが、そんな業界にあってベルナール・アルノーがまたたく間に打ち立てた著名ブランドの集合体はそれぞれが持つ絶妙なブランドの個性のバランスの上に成り立っています。本書は時間を追って、ビジネス戦略としてわかりやすく説明してあり、ブランド・ビジネスの入門書、参考書とも言えます。個人的な希望を言わせてもらうと、アルノーの人間くさい側面や各ブランド持つの香り、感性といったものを筆者の独断と偏見でも良いので触れてもらえればさらに魅力的な著書になったと思います。付録のブランド・人物名鑑は役に立ちます。


さらに詳しいメンズファッション 情報はコチラ≫




ファッション:ブランド・ビジネスファッション:ブランド・ビジネス
山室 一幸
朝日出版社 刊
発売日 2002-02
オススメ度:★★★★★




オート・クチュールとプレタ・ポルテって、どう違うの?! 2004-02-11
ファッション業界、とくにブランドの世界を中心に、歴史や現状を分かりやすく説明した本。 オートクチュールの勃興からモード史の概略を紐解いた第一章をはじめ、章ごとにテーマを設定したうえで、歴史と現状の2側面からブランド・ビジネスをとらえようとしている。 この本をよむと、オート・クチュールとプレタ・ポルテの違いが、実は歴史的な理解に限定されていたことが分かるだろう。双方に根本的な違いは存在しない。そして、この事実こそが、20世紀のファッション史が抱えたビジネス戦略の問題そのものに反映されている。その反映のあり方が本書で随所に指摘されている。 また、ブランド界を知る上で最低限知っておくべき知識も適度に頭に入ってくる。


さらに詳しいメンズファッション 情報はコチラ≫




ハーディ・エイミスのイギリスの紳士服ハーディ・エイミスのイギリスの紳士服
ハーディ エイミス
大修館書店 刊
発売日 1997-03
オススメ度:★★★★




最高です 2004-05-11
繰り返し読みたくなるないようです。内容に重みがあります。でも読みやすいです。


さらに詳しいメンズスーツ 情報はコチラ≫




LEON (レオン) 04月号 [雑誌]LEON (レオン) 04月号 [雑誌]

主婦と生活社 刊
発売日 2005-02-24
オススメ度:★★★★★




真似をしてみたい 2005-03-01
毎号かっていますが、今月号は特に良い。雑誌そのままのコーディネートをして町をあるくと浮いてしまう場合も有るが、そのまま真似できるお手本がたくさんありました。かってよかった。参考になります。


さらに詳しいメンズファッション情報はコチラ≫




LEON (レオン) 03月号 [雑誌]LEON (レオン) 03月号 [雑誌]

主婦と生活社 刊
発売日 2005-01-24
オススメ度:★★★★★




今すぐに 2005-01-28
デニムを買う参考にしました.さっそくといあわせ、買いに走りにいきました.
まだまだかうぞー.おすすめ着こなしがたくさん.


さらに詳しいメンズファッション情報はコチラ≫




LEONの秘密と舞台裏  カリスマ編集長が明かす「成功する雑誌の作り方」LEONの秘密と舞台裏 カリスマ編集長が明かす「成功する雑誌の作り方」
岸田 一郎
ソフトバンククリエイティブ 刊
発売日 2005-08-31
オススメ度:★★★★




雑誌ビジネスに関わる人全員に読んでもらいたい一冊 2005-11-11
今、一番元気のある雑誌といえるだろう。
当たらないといわれていた中年男性向け雑誌に新風を吹き込んだ『LEON』の編集長・岸田一郎氏による成功の秘訣本。岸田氏の自伝的な要素も含みながら、どのようにして『LEON』ができたのか、どのような哲学、コンセプトによって作られているのかが語られる。
中でも興味深いのは、出版不況といわれる中で、「部数売り上げ」ではなく「広告収入」による雑誌ビジネスというカタチを作り上げた点。これまでにもそういった雑誌はあったが、やはり主流は売り上げ中心で雑誌が作られていた。雑誌が100万部売れていた昔ならいざ知らず、売り上げが下がっている現在の状況で、過去のスタイルに固執していてはいけないと岸田氏は主張する。『LEON』ファンはもちろん、すべての雑誌出版にまつわる人が読むべき、これからの雑誌ビジネスを考える上で重要な一冊と言えるのではないだろうか。


さらに詳しいメンズファッション情報はコチラ≫




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。