メンズ スーツ オーダー スーツ オーダーメード テーラーメイド(メード) コムサ スーツ フォーマル スーツ ファッション 通販 雑誌 ブランド 髪型 メンズ ヘア スタイル メンズ ビギ などの紹介  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男の服装 お洒落の基本男の服装 お洒落の基本
落合 正勝
世界文化社 刊
発売日 2001-04
オススメ度:★★★


女性について言うときには「おしゃれ」と書き、男性について言うときには「お洒落」と書くことが多いのではないだろうか。柔らかな視覚的印象を持つ「おしゃれ」がほのめかすのは華やかな色彩やふんわりとしたドレスであり、ややレトロな「お洒落」という文字面からは仕立てのいいスーツのきりっとしたシルエットが連想される。「お洒落」という文字の入ったタイトルを持つ本書は、そのイメージを裏切ることなく、男のクラシックな服装への思いを語ってやまない。
「男のお洒落」は俳句にたとえると有季定型のようなものであり、シバリがきつい。それについて語ろうとしても、けっきょくは「いいものをルールにのっとって着ましょう」ということに集約されてしまうので、ファッション評論家たちは昔のエピソードを探し出してきてウンチクを傾けることに腐心する。しかし、けっきょくイギリスの王室や貴族、アメリカの映画俳優の話題になってしまい、なかなか目新しい本が生まれない。そのなかで、著者はイタリアのハンドメイドの伝統を研究し、テーラーや靴職人などの綿密な仕事ぶりを詳しく紹介することで他の評論家の書くものにはない特色を出している。また、服を買う(あるいはオーダーする)ときに気をつけるべきこと、服と服、あるいは服と靴の組み合わせ方についても細かなところまで目を配っている。
「お洒落は学習である。スポーツを習うことにも似ている」と著者は書いている。本書はお洒落を日々学習する意欲のある人のための教科書だ。安直なブランドショッピングの手引き書ではない。お金もかけ、時間も割く覚悟がないとここに書いてあることを実践するのはなかなか難しいが、読むだけでも「男のお洒落」の奥深さを感じるには十分だ。(松本泰樹)

スーツを買うその前に一読をお薦めします! 2003-12-09
読後の率直な感想です。ファッション(=流行)本でもなく、冠婚葬祭のマナー本でもない、服装には歴史に裏付けられた厳格な意味があるということを丁寧に教えてくれる本です。ジャパンタイムズ社出身の著者だけあって、読んでいて心地よい文章で、時節柄雑学本としても楽しめると思います。日本人がスーツを購入する前に一読すべき本です。心からお薦めします。


さらに詳しい落合正勝 情報はコチラ≫




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/08(木) 08:10 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/25(水) 11:03 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/05/03(木) 21:23 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/08(木) 15:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tasca.blog47.fc2.com/tb.php/37-ed4fb3ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/11/19(月) 11:04:16 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。